税の事について

  • LINEスタンプの儲けの「税金」

    メッセージアプリLINEでは、一般人でも自作したスタンプを販売することが可能なことで、一時期このスタンプで稼いでいる人が話題となりました。 売上上位の方ですと、1,000万円以上を稼いでいることになるそうです。 ここで気になるのが、こうしたスタンプで設けた分のお金には一体…

  • 新しく有限会社を作れる?

    2006年の会社法施行と同時に有限会社法が廃止されたことで、現在では新しく有限会社を作ることが出来なくなりました。 今から会社を設立するなら株式会社となりますが、資本金が1円からでも作れるため、有限会社を作るよりも資本金の制限が緩くなっているのが特徴です。 現在ある有限会…

  • 個人事業主が確定申告する時の税理士費用

    個人事業主の確定申告にかかる税理士費用は、どの作業から依頼するのかや税理士自体の価格設定によっても大きく変わってきます。 例えば伝票などの経理処理から税理士に依頼するのなら、まず確定申告費用とは別にその料金が発生しますので、その分やはり費用も高くなってしまいます。 伝票の…

  • 相続税を減らせる方法

    将来の相続税を安くする為には、生前から対策を練っておく必要があります。 その為の方法は多くありますが、その中でも大幅に節税できると注目を浴びているのが配偶者のみに与えられる「贈与税の配偶者控除」と呼ばれる特権です。 贈与税の配偶者控除とは、夫婦間で住宅などの贈与をした時に…

  • 相続税の申告手順

    相続税とは一定の財産を持っている方が亡くなった場合、それを相続した人が税を納めるために必要な手続きのことを指します。 相続税の課税について、例えば妻と子供2人の場合には、亡くなった夫が残した財産が4,800万円を超えると原則課税対象になります。 このように相続税の支払い義…

  • 配偶者控除、扶養控除とは

    所得の計算の中の「基礎控除」「配偶者控除」「扶養控除」は年末になるとよく聞くいて考えるようになることです。 その都度頭を悩ませてしまう方のために、今回はこれらがどういった控除でどういう場合に適用できるのかを簡単に説明致します。 まずこれら全体に言えることが、納税者およびそ…

  • 税理士事務所を運営するポイント

    税理士事務所を運営することでまず頭に入れておきたい事が、他の数多くある会計事務所や税理士事務所と比べて「自分はこういう仕事が得意」と言えることを開業前から用意することです。 もう少し突っ込んで考えてみると、主に業種特化か業務特化にしていくと自分にも、そしてお客さんにも分かり…

  • 2月23日は税理士記念日

    1942年のこの日に税理士法の前身である「税務代理士法」が制定された事から、2月23日は税理士記念日として定められています。 現在日本では申告納税制度を採用しており、納税者が税額を計算・申告・納付をしなければなりませんが、以前は国が税金を計算して国民に通知していました。 …

  • 所得税の確定申告に間違いがあった場合

    今回は所得税の確定申告を提出したのは良いものの、申告期限後に考えてみたら間違いがあったと気づいた場合、どうしたらいいのでしょうか。 まずどうするべきかは実際の申告よりも多かったか、または少なかったかで分けられます。 少なく申告していた場合には「修正申告」という手続きをとっ…

  • 個人事業主は節税し過ぎに注意!?

    税金をなるべき安くしたいと思うのは普通の事ですが、個人事業主の場合は節税し過ぎが原因で損してしまう可能性があります。 もちろん節税しているので税金は安く済みますが、その他の面で全体的に考えると結果的に損している場合もあるのです。 例えば事業資金を借りる場合や住宅ローンを借…

最近のコメント

    ページ上部へ戻る