税の事について

  • 税理士と公認会計士の違い

    税理士と公認会計士はどちらもお金を取扱うイメージで、よく考えるとどう違いがあるのか分かりにくいです。 しかし実際に両方の仕事内容を見てみると似ていても大きく違う仕事をしている事が分かります。 まず税理士ですが、税理士の仕事を簡単にまとめると「納税の専門家」と言えます。 …

  • ふるさと納税の仕組み

    ふるさと納税は好きな地域にお金を寄附する事の出来る制度で、地域によってはふるさと納税をするとお礼の品をくれるということもあり、近年注目を浴びています。 お礼の品はその地域を象徴するもの、例えば特産品や伝統工芸品などが殆どで、このお礼を目当てにふるさと納税をする人も少なくありませ…

  • 直接税と間接税の違い

    税金には様々な分類がありますが、私たちに身近な税の分類が直接税と間接税の2つになります。 直接税とは納税が義務付けられている人物と、税金を実質的に負担する人物が同一人物である税金で、主に所得税や法人税が分類されています。 そして間接税とは、酒税やタバコ税、そして消費税など…

  • 贈与税の節税

    学資保険は贈与税・相続税対策として、祖父や祖母が学資保険の契約者になるのがお得でお勧めです。 教育費の扶養義務者には祖父母も含まれる為、孫の教育費については非課税となります。 孫に贈与することになるので、一代を通り越して贈与税を節税出来るのも効果が高いのですが、保険ですの…

  • 相続税申告の税務調査

    基本的に相続税申告の税務調査の目的は漏れている財産が無いかの確認になりますので、その点に関しての聞き取り調査や税務署にある書類との照合、更に自宅内の調査などが行なわれます。 特に法人の場合の税務調査は高い確立で行なわれますので、基本的にあると考えて対応をしておく心構えをしておき…

  • 事業税 損金算入時期について

    今回は法人税の中でも少し分かりにくい、事業税の損金算入時期についてご説明致します。 事業税というのは法人税と住民税と一緒に申告する為、損金に分類されないイメージを持たれがちですが、実は租税の中でも損金の額に分類される類いのものです。 原則、納税申告書を提出した事業年度、例…

  • 酒税法の分類

    酒税法は実際に税理士となったら使う事は稀な知識ですが、その分試験の出題範囲も少なく簿記の知識も不要な為、試験科目として必須ではありません。 会計事務所への就職を考えていて税理士の資格を取りたいのなら、別の科目を取得した方が無難です。 今回はそんな酒税法の基礎である、酒税法にお…

  • 法人化の節税で重要な消費税

    法人化をして非常に慎重になって考えたい税の一つが消費税です。 法人化の消費税申告というのは、現役の税理士でも判断が難しい所ですので、非常に慎重になって考えられる部分となります。 この判断を間違えてしまうだけでも数百万単位の損が発生してしまいますから、一緒に慎重にならなければな…

  • 贈与税の改正で何が変わるか

    高齢化が進む中、残す方も受け取る方も高齢者というパターンが珍しくなくなり、若い世代へ資産移転が行なわれにくい実情がありましたが、昨年改正された贈与税の改正により、若い世代への生前贈与が行ないやすくなりました。 今回は改正の中でも特に大きく変わった、税率構造と相続時清算課税制度に…

最近のコメント

    ページ上部へ戻る