記事の詳細

将来の相続税を安くする為には、生前から対策を練っておく必要があります。
その為の方法は多くありますが、その中でも大幅に節税できると注目を浴びているのが配偶者のみに与えられる「贈与税の配偶者控除」と呼ばれる特権です。

贈与税の配偶者控除とは、夫婦間で住宅などの贈与をした時に贈与税を少なくできる制度のことです。
この制度を利用するにはいくつかの条件があります。
まず1つ目は結婚して20年以上夫婦であること、贈与された家が実際に住む家、もしくは実際に住む家を購入する為のお金であること、そして贈与された、贈与されたお金で購入した家に実際に住み続ける見込みがあることとなります。
これら3つの条件を満たして制度を利用できれば、贈与額の2,000万円と年間の控除全てが控除されるのです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る