記事の詳細

メッセージアプリLINEでは、一般人でも自作したスタンプを販売することが可能なことで、一時期このスタンプで稼いでいる人が話題となりました。
売上上位の方ですと、1,000万円以上を稼いでいることになるそうです。

ここで気になるのが、こうしたスタンプで設けた分のお金には一体どういう税金が発生するのかということ、発生した税金の手続きはどうすれば良いのかということでしょう。
LINEスタンプも例に漏れず、一定金額を超えて儲かっている場合には「確定申告」が必要です。
例えば会社に勤めている給与取得者が副業としてLINEスタンプで稼いでいる場合、スタンプの売上から必要経費を差し引いた金額が20万円を超えるならば、所得税の確定申告の必要が発生します。
専業主婦などの給与所得者以外の方でも、年間38万円以上の利益となるなら確定申告が必要です。

必要経費としては、スタンプの製作や販売に必要な出費を差し引くことが出来ます。
例としてはパソコンやデザインに使ったソフト、デザインを学ぶ為の書籍購入費、インターネットの通信費などが当てはまります。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る