記事の詳細

酒税法は実際に税理士となったら使う事は稀な知識ですが、その分試験の出題範囲も少なく簿記の知識も不要な為、試験科目として必須ではありません。
会計事務所への就職を考えていて税理士の資格を取りたいのなら、別の科目を取得した方が無難です。
今回はそんな酒税法の基礎である、酒税法における日本酒の分類についてまとめてみました。

日本酒と言えば吟醸酒や純米酒、本醸造酒が思い浮かびますが、酒税法上ではそれぞれ分類が違います。
これらを分類する上でのポイントとして大切なのは使われているお米の大きさで、1度分かってしまえば非常に理解しやすい部分になります。

お酒は100の玄米から70%まで磨き粉んで作ったお酒が本醸造酒、更に60%まで磨き込むと吟醸酒と呼んでもいいと言われており、そして元の玄米の半分までになると大吟醸酒と呼ばれています。
純米酒に関しては、以前は本醸造酒と同じ割合で分類されていましたが、今はどの割合でも名乗る事が出来るようになりました。

以上の事から分かる通り、酒税法上による日本酒も細かな分類がされているのです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る