記事の詳細

家を購入する時に発生する費用の中で、よく考えておかなければならないのが固定資産税です。
固定資産税は不動産の税金の中でも高額になりがちで、しかも毎年必ず納めなければならない税金となります。

固定資産税は1月1日時点で所有している家、または土地に発生します。
固定資産税評価額は固定資産税の基準で売買金額と勘違いしてしまう方がいらっしゃいますが、売買金額とは違いますので注意してください。
気になる税額はこの「固定資産税評価額」に標準税率の1.4%をかけた額となりますが、土地に関しては土地に住宅が建っていたら減額措置があったりしますので、良く確認しましょう。

固定資産税評価額に関しては自分で算出するのは非常に難しいため、売買時に不動産会社などに必ず評価額がいくらなのかを確認しておくことが大切です。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る