記事の詳細

地方税には都道府県税や市町村税があり、不動産取得税や固定資産税も関係していますので解説いたします。

不動産取得税は、土地や不動産を取得した際に1度だけ都道府県に納める税金であり、普通徴収として納税通知が届きますので、しっかりと納めましょう。

物件の建築や増築・改築を行ったり、他者への売買や交換、贈与を行なう際には課税の対象になり、贈与の場合は贈与税も課税されますよ。

固定資産税は市町村税であり、土地や不動産を持っている場合には、市町村へと税金を納めるのです。

不動産取得税と異なるのは、固定資産税は毎年納税通知が届くということであり、価格は数年に一度見直しが行われ、家屋という資産を所持している事実がある場合に支払いが命じられます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る