記事の詳細

いざという時に慌てない為に、金額にして大きな相続を受けることが分かっている場合には相続税も高額になってしまいますし揉め事にも発展してしまうので、事前に相続対策が必要です。

相続対策はどうしても節税することが第一目標のことに感じてしまいますが、その他にも納税の準備や近親者との争いを防止する役割があります。
主に行なわれる対策として、結婚して20年以上経っている配偶者に贈与して控除を受けたり、養子縁組をして基礎控除額をあげて税率を下げたり、不動産を利用したりというようなものが挙げられます。

また納税の準備対策としては生命保険を活用する方法が一般的です。
金融機関の預金は相続財産となるので、相続が発生すると口座が凍結し、遺産分割協議が整うまで引き出しが行なえなくなります。
一方で死亡保険金は受取人による手続きを済ませば、最大10日ほどで振り込まれますので、納付するにあたり現金が必要になった時にもすぐに用意することが出来るのです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る