記事の詳細

贈与税がかからないようにするにはいくつかの方法がありますが、その中でも一番簡単な方法が毎年110万円ずつ贈与することです。

毎年110万円以内の贈与であれば贈与税は発生しないので、10年間毎年110万円ずつを子供名義の口座に贈与したとすれば、贈与税無しで1,100万円が贈与できることになります。
しかし、「口座が子供名義」「預金者と管理者が親」の名義預金の場合には税金のかからない贈与として認められないケースがあります。

このように税務署から名義預金として判断されてしまった場合には、相続が発生した際に相続税を支払わなければならなくなってしまうのです。
先ほどの条件の他にも、子供が贈与を受けた認識が無かったり、毎年の贈与を同じ時期にしていたりすると名義預金と認められてしまう可能性があります。

名義預金と判断されない為には、贈与を受ける本人が預金通帳や印鑑を管理し、贈与する側とは別の印鑑を使ったり、111万円を贈与して1,000円を贈与税として支払う、また、毎年の贈与額を変えるという方法があります。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る