記事の詳細

保険に加入している方は、秋頃に生命保険料控除のハガキを貰って会社に提出し年末調整をしていると思います。
これで税金が戻ってくるということは多くの方がご存知だと思いますが、この生命保険料控除をもっと活用すればもっとお得になることを知っている方は多くありません。

生命保険料控除とは所得控除の一つで、収入から控除を引いた所得に税率が発生します。
つまり控除が増えればその分所得も減りますから、節税が出来るという訳です。

では、保険料を多く払えば多くの控除を受けられるのかというとそうでもなく、控除を受けるのには一定の条件が必要となります。
例えば月々1万円の保険料を年間12万円払った場合、4万円の所得控除が受けられます。年収500万円で所得税率が10%の場合は、4万円の所得控除の10%ですので、4,000円が戻ってくることになります。
住民税の所得控除の上限は2.8万円ですので、住民税の10%である2,800円が実質の節税額になるので、先ほどと合わせて年間6,800円節税できます。

一つ注意したいのが、生命保険料控除の上限額は4万円、介護保険、医療保険、年金保険もそれぞれ4万円の枠がありますから、この枠を使い切れていないともったいないので、忘れずに申請するようにしてください。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る