記事の詳細

税金を差し押さえられた場合には、分割払いでどうにかならないかの相談が多く寄せられますが、現実的に分割払いは不可能です。

納税者には必ず納付書が届きますが、その時に支払わなければ次には督促状が届きます。
多くの方はこの時点でその督促状を無視せず、役所の担当者と話をして分割で支払うなどの対処を行ないます。
督促が来ているのに無視をしている、分割の支払いの約束をしたのに支払わない、電話の連絡を無視するというようになってくると、役所も差し押さえをする事になるのです。
つまり、差し押さえをされるのにはそれ相当の理由があることになります。

市役所と連絡を取る猶予、支払いをする猶予がこれだけ与えられていたのにも関わらず、滞納を続けて差し押さえになったのに、差し押さえられた途端に「分割で支払う」といっても信用が出来ないとされ、不可能なのです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る