記事の詳細

税の話は難しいですが、税の話にきちんと向き合うだけでお得することができますよ。ですが、節税をしている方に気をつけてほしいのは、脱税です。脱税は犯罪ですので、その見極めは必要でしょう。

脱税思考の方は税理士の方に相手にされないですので、脱税をしようと思っても無駄でしょう。
脱税のパターンは、現金売上の除外や、架空経費の計上だったりするのです。架空経費として使われるのは、現金払いのアルバイト代やレシートを貰える店の領収書だそうですよ。領収書ではなく、レシートの方が信憑性ありますので、領収書があることで脱税をしている可能性があるのです。

節税を会社でする時、支払った証拠書類(特にレシート)があり、事業に使ったことを証明できるものを使うことできちんと証明できる事が必要だそうですよ。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る