記事の詳細

基本的に相続税申告の税務調査の目的は漏れている財産が無いかの確認になりますので、その点に関しての聞き取り調査や税務署にある書類との照合、更に自宅内の調査などが行なわれます。
特に法人の場合の税務調査は高い確立で行なわれますので、基本的にあると考えて対応をしておく心構えをしておきましょう。

また被相続人だけでなく相続人の方の調査も行われます。
例えば被相続人の通帳から相続人の通帳へ預金が移動していないかなどの確認や、漏れている財産が無いかの確認の際には通帳や電話帳、タンスの中などが確認されます。

一般的に相続税が高額になるほど税務調査が入る確立が高くなりますので、高額な財産を相続する予定のある方は、税務調査を前提にした準備を相続関係が得意な税理士としておくと安心です。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る