記事の詳細

学資保険は贈与税・相続税対策として、祖父や祖母が学資保険の契約者になるのがお得でお勧めです。

教育費の扶養義務者には祖父母も含まれる為、孫の教育費については非課税となります。
孫に贈与することになるので、一代を通り越して贈与税を節税出来るのも効果が高いのですが、保険ですので審査が必要な場合もあります。

また非課税が認められるのにもポイントがあり、親を経由させずに直接孫に渡す事が一番重要でしょう。
例えば契約者は親だけど支払いは祖父母がしている、という場合は契約者として親を経由してしまっているので非課税の対象外になります。

このように節税も出来て孫の為にお金を直接残せますから、近年祖父母による学資保険の契約も増加しています。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る