記事の詳細

税金には様々な分類がありますが、私たちに身近な税の分類が直接税と間接税の2つになります。

直接税とは納税が義務付けられている人物と、税金を実質的に負担する人物が同一人物である税金で、主に所得税や法人税が分類されています。
そして間接税とは、酒税やタバコ税、そして消費税など、税金を計算して納める義務のある人物と、その税金を実質的に負担する人物が異なる税金の事を指します。

間接税についてもう少し分かり易く、最も身近な消費税を使って説明すると、税金を実際に負担しているのは私たちですが、その税金を納めるのはお金を支払った先、つまりお店になりますので、納税者と納税義務者が違うという事になるのです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る