記事の詳細

ふるさと納税は好きな地域にお金を寄附する事の出来る制度で、地域によってはふるさと納税をするとお礼の品をくれるということもあり、近年注目を浴びています。
お礼の品はその地域を象徴するもの、例えば特産品や伝統工芸品などが殆どで、このお礼を目当てにふるさと納税をする人も少なくありません。
複数の地域に寄附できるという点も見逃せないポイントでしょう。

またお礼の品がもらえるだけでなく、寄附額に応じて税金の還付、また控除が受けられます。
例えば自分の選んだ自治体に寄附をし、お礼の品を受け取ったら、別途「寄附金受領証明書」というものが発行されます。
確定申告をする時にこの「寄附金受領証明書」を提出する事で所得税から還付金が戻ってきて、更に翌年の住民税の控除が受けられるのです。

しかも寄附したお金は日本で唯一税金の使い道が決められる制度でもあるので、その自治体に応援したいプロジェクトなどがあれば、それに使ってもらうように指定する事が出来ます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る