記事の詳細

税理士と公認会計士はどちらもお金を取扱うイメージで、よく考えるとどう違いがあるのか分かりにくいです。
しかし実際に両方の仕事内容を見てみると似ていても大きく違う仕事をしている事が分かります。

まず税理士ですが、税理士の仕事を簡単にまとめると「納税の専門家」と言えます。
企業の税務の代理、税に関する必要書類の作成、税務相談などがメインの仕事となり、そしてこれら全ては税理士の資格が無いと出来ない業務です。

一方で公認会計士は主に企業の財務に関する仕事を行なっています。
外部に見せる必要のある財務情報の書類のチェックや調査を行っており、これらは公認会計士の資格が無いと行なえない業務となります。

どちらも国家資格ですが、公認会計士は税理士登録して税理士会に入会すると税理士業務を行なえるというのも重要なポイントで、場合によっては公認会計士の方が税理士よりも幅広い業務を行なえる事になります。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る