記事の詳細

高齢化が進む中、残す方も受け取る方も高齢者というパターンが珍しくなくなり、若い世代へ資産移転が行なわれにくい実情がありましたが、昨年改正された贈与税の改正により、若い世代への生前贈与が行ないやすくなりました。
今回は改正の中でも特に大きく変わった、税率構造と相続時清算課税制度についてまとめています。

まず以前の税率構造は6段階で最高税率が50%になっていましたが、現行では一般贈与の場合だと8段階で最高税率も55%という税率になり、細かい基準で課税がされるようになりました。
改正される事により、沢山の相続を受ける場合には税も増加してししまいますが、1,000万円〜1,500万円までの贈与ですと減税されることになります。
また20歳以上が祖父母や父母から贈与を受けるとなると、特例が適用されて更に減税されます。

そして相続時清算課税制度についても、贈与者の年齢要件の引き下げ、更に孫への贈与も対象になることで、対象者が拡大しました。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る