記事の詳細

1942年のこの日に税理士法の前身である「税務代理士法」が制定された事から、2月23日は税理士記念日として定められています。

現在日本では申告納税制度を採用しており、納税者が税額を計算・申告・納付をしなければなりませんが、以前は国が税金を計算して国民に通知していました。
戦後は民主的な租税制度として納税者である国民自らが現在の様に自ら計算をしなければならなくなり、そのサポートをする役目として税理士が誕生したのです。

現在日本には約75,000人の税理士がおり、特に増えてきたと感じられている相談は相続税がいくらになるかというものとなります。
また税理士の仕事として他にも経営相談や会計業務、時には後継者の問題をサポートすることもあるそうです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る