記事の詳細

所得の計算の中の「基礎控除」「配偶者控除」「扶養控除」は年末になるとよく聞くいて考えるようになることです。
その都度頭を悩ませてしまう方のために、今回はこれらがどういった控除でどういう場合に適用できるのかを簡単に説明致します。

まずこれら全体に言えることが、納税者およびその家族、つまり同じ収入で生活している場合には1人につき38万円の控除が受けられるものになります。
納税者の方は「基礎控除」、配偶者の方は「配偶者控除」、その他お子様や両親が扶養に入っている場合は「扶養控除」と分類されています。

しかし、同居していて同じ収入源で暮らしているという条件が必要です。
一部例外もあり、例えばお子様が学生で一人暮らしをしていて仕送りをしているのなら、これは扶養控除の対象になります。
このように共に生活をしていない場合でも、同じ収入で暮らしていると認められれば控除の対象になるのです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る