記事の詳細

相続税とは一定の財産を持っている方が亡くなった場合、それを相続した人が税を納めるために必要な手続きのことを指します。

相続税の課税について、例えば妻と子供2人の場合には、亡くなった夫が残した財産が4,800万円を超えると原則課税対象になります。
このように相続税の支払い義務が生じた場合に行なう手続きのことを「相続税申告」と呼び、多くの方が税理士に申告書の作成を依頼することになるのです。

相続税の申告は法的にも税理士に依頼せず自分で手続きを行なって良いのですが、相続税は所得税と違って複雑な部分が非常に多く、相続財産に不動産がないなどの余程シンプルなパターンで無い限りは、多少お金がかかっても税理士に依頼してしまった方がいいでしょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る